GE、「Predix Cloud」でクラウド市場に参入

Aug 06, 2015

-インダストリアル・データとアナリティクス向けのクラウドサービスを提供-
 

Predix Cloud(プレディックス・クラウド)

GEはデジタル技術を駆使したインダストリアル・カンパニーとして、航空機エンジンやエネルギー、ヘルスケアやトランスポーテーションなど、幅広いお客様のニーズとスケールに応えるために、「Predix Cloud(プレディックス・クラウド)」でクラウドサービス事業に参入することを発表します。これは業界で唯一のインダストリアル・データとアナリティクス専用に設計されたクラウドソリューションです。この新たなPaaS (Platform-as-a-Service)は高いセキュリティを施し、インダストリーに最適なクラウド環境で、産業特有のデータ量を有し、多様な産業機器から生成されるデータをスピーディに取り込み、分析をおこないます。
Predixクラウドはインダストリアル・インターネットの成長のための新たな局面に向け、デベロッパーにインダストリー向けのアプリケーションとサービスをスピーディに開発、提供、管理することを可能とします。GEは2014年において、約40億ドルのソフトウェア関連の売上を計上しました。当社は2015年の同関連売上は、約60億ドルに達すると見込み、ソフトウェア分野への投資を今後も積極的におこなう計画です。
GEの会長兼CEOであるジェフ・イメルトは以下のように述べています。「クラウドコンピューティングは信じられないようなイノベーションをコンシューマー分野で実現しました。Predixクラウドで、GEはインダストリアル領域における新たなレベルのサービスと成果をお客様にご提供します。」「デジタル技術を活用した病院は、よりよく迅速なヘルスケアを提供することとなり、同様にデジタル技術を活用した製造工場は、短い期間で製品を製造することを意味するでしょう。またデジタル技術を駆使したオイルカンパニーは優れた資産管理をおこない、あらゆる油井で生産性向上をもたらすでしょう。私たちGEはお客様と一緒に、お客様のビジネスを変革するために個別にカスタマイズされたソリューションを開発することを期待しています。」
Predixクラウドは機器のデータを、より迅速に効率的に活用することを可能とし、年間数十億ドルのコスト削減を実現します。GEのIT(情報技術)領域とOT(オペレーション技術)領域における深い専門知識を組み合わせることで、Predixクラウドは、機器の接続性(アセット・コネクティビティ)や産業機器から生成されるデータサポート、インダストリアルレベルのセキュリティとコンプライアンスを考慮した、より先進的なツールの提供を実現します。
GEソフトウェアのバイスプレジデントでPredixゼネラルマネージャーのハレル・コディッシュ(Harel Kodesh)は以下のように述べています。「産業機器のデータを取り込み、分析することに特化したクラウドによって、これまで予測できなかった問題が発生したり、機会損失が生じるという事態は過去の問題となるでしょう。」「GEのPredixクラウドによって、産業機器やフリート、工場により高い価値を与え、インダストリアル・アプリ・エコノミーを加速させるでしょう。また、きわめて安全な環境でデベロッパーのコミュニティはコラボレーションをし、スピーディにインダストリアル向けアプリケーションを開発することができるようになると考えています。」
ピツニーボウズのCIOであるロジャー・ピルク(Roger Pilc)は以下のように述べています。「GEのように、ピツニーボウズもまた物理的世界からデジタル世界へという変革の只中にいます。」「Predixクラウドで稼働するアセットパフォーマンスマネジメント・アプリによって、ピツニーボウズはこれまでよりもスピーディにデータを抽出し、分析をすることができ、さらにそのインサイト(知見)をピツニーボウズとクライアントのため、オペレーションコストを下げたり、生産性やアウトプットを向上させたり、サービスレベルを高めるなど実際のビジネス成果を生み出すために活用することができます。GEはどこよりも産業機器やインダストリアル関連のデータ分析を熟知しているので、これからもインダストリアル・インターネットのソリューションの領域で、GEのパートナーシップを組むことを楽しみにしています。」
インダストリアル・インターネットによって、他のセクターに比べ約2倍のスピードでデータが生成されていることが明らかです。今後15年間を通じて60兆ドルと推定されるインフラ投資によって、インターネットに接続される機器・デバイスの数は飛躍的に増え、膨大な量のデータが生成され、そして分析されます。インダストリアル・インターネット向けのクラウドプラットフォームであるPredixクラウドはこうした次の成長フェーズのために、よりセキュアなインフラ環境を提供するために設計されています。このセキュアな環境のもとでは、新たなレベルの知見やアセットパフォーマンスマネジメント能力やイノベーションが、デベロッパーコミュニティに生まれると考えています。
インダストリアル・インターネットが成功するかどうかはパートナー企業とのエコシステムに委ねられているといってもよいでしょう。GEのPredixクラウドはゼロから専用設計されていますが、お客様のご要望により、他社のクラウド上でも実装予定です。PredixクラウドはPivotalのCloud Foundryを基盤として利用し、アプリケーション開発や導入、そして運用をサポートします。
GEのビジネスは自社ソフトウェアと分析技術を2015年第4四半期からPredixクラウドへマイグレーションを開始し、お客様や他のインダストリアルビジネスがデータやアプリケーションを管理できるようになる商用サービスは2016年から開始となります。

Predixクラウドの特長
機器との接続性(アセットコネクティビティ):複数のアナリストは2020年までに500億以上の産業機器やデバイスがインターネットに接続されると予想しています。Predixクラウドはこうした産業機器のために、connectivity-as-a-serviceを提供し、そして、センサーやゲートウェイ、ソフトウェアドリブンの機器をすぐに設定できるようにグローバルなテレコム企業と技術連携することが可能となります。
産業機器が生成するデータのためのスケーラビリティ:産業機器は異なるタイプのデータ、すなわちコンシューマー向けのクラウドサービスでは取扱いを想定していないデータを生成します。Predixクラウドは産業機器のデータを格納、分析し、そしてリアルタイムで管理するために専用設計されました。数千ものセンサーが取り付けられた貨物用機関車の時系列データを取り込み分析する、または医師の診断に利用するため、3次元のMRI画像のような大容量のオブジェクトデータ等まで、Predixクラウドは多様でデータ量が大きく、スピーディに産業用データを取り扱うために開発されました。
セキュリティ+コンプライアンス:運用面のセキュリティや情報セキュリティにおける何十年にもわたる実績・経験からPredixクラウドは現在利用可能でき、産業界の事業者や開発者においてカスタマイズ可能で、適用可能なセキュリティソリューションなど、もっとも高度なセキュリティ・プロトコルを組み込んでいます。
規制対応・ガバナンス: GEのグローバルなネットワークと60以上の規制領域にわたる深い知見を活用しながら、Predixクラウドは、グローバルの各国におけるデータ取扱上の権利は順守しながらもガバナンスを簡素化し、各ユーザーごとのコンプライアンス・コストを低減させるよう設計されました。
相互運用性:Predixクラウドはクラウド環境という幅広い領域で運用されるアプリケーションとサービスとシームレスに運用されます。事業者は最適化されたセキュリティと既存のソリューションのもと、相互運用されるデータストラクチャーを最大限活用することができます。
ゲーテッド・コミュニティ(ゲートとフェンスで囲まれたコミュニティ):誰にでも、どのような組織にもオープンなパブリック・クラウドサービスとは異なり、Predixクラウドは「ゲートのあるコミュニティ」モデル、すなわちインダストリアル・エコシステムに所属するクラウドの「居住者」であることを明確にしたモデルに基づき設計・開発されています。
デベロッパー・インサイト:開発者は運用環境のなかで「見通し(visibility)」をもつようになるでしょう。そしてすべての参加者は結びつきます。そうしながら事業者はどこにいてもマシンアプリを導入し、モニターすることができます。また場合によっては、物理的な世界、デジタルな世界において発生する新たな要求に適用しながら、運用上の効果のために求められるセキュリティとビジビリティを提供します。
オンデマンド・アベイラビリティ:Predixクラウドは、容易にアクセスし拡張することが可能です。さらにオンデマンドで提供され、利用した分だけ課金されるモデルを通じて提供されます。