GEヘルスケア・ジャパン株式会社 役員人事

 
執行役員サービス本部長の岡野克也が取締役ヘルスケア統括本部長に就任
サービス本部長後任には現アジアパシフィック ビジネスオペレーション本部長 藤谷京子が就任
 

医療課題の解決に取り組むヘルスケアカンパニー、GEヘルスケア・ジャパン株式会社(本社:東京都日野市、代表取締役社長兼CEO:川上潤)は本日、取締役ヘルスケア統括本部長就任の役員人事を発表しました。

現執行役員サービス本部長である岡野克也(45歳)が、10月1日付で取締役ヘルスケア統括本部長に就任し、国内の営業及びサービス全般を統括します。これに伴い、代表取締役社長兼CEOの川上潤(50歳)のヘルスケア統括本部長兼任を解き、川上は弊社代表取締役社長として日本の事業統括全般に注力します。岡野の後任には、現アジアパシフィックビジネスオペレーション本部長である藤谷京子(47歳)が、同日付で執行役員サービス本部長に就任します。

岡野克也は、1992年に上智大学外国語学部を 卒業後 伊藤忠商事 株式会社 入社し、航空宇宙関連ビジネスにおける営業、マーケティングに従事し、2000年航空機エンジン営業部長としてGEインターナショナル・インクに入社しました。2004年からは米国オハイオ州シンシナティのGEアビエーション本社でCFM56エンジンのアップグレードプログラムをリードし、2006年帰国、同日本担当サプライチェーン事業部長を経て、2008年に日本GE エンジンサービス株式会社 代表取締役社長兼 GEエンジンサービス・ディストリビューション・ジャパン株式会社 代表取締役社長に就任しました。2011年3月GEヘルスケア・ジャパン株式会社執行役員サービス本部長に就任し、サービスビジネスの着実な成長を牽引してきました(詳細は3ページの略歴をご参照ください)。

この度、取締役ヘルスケア統括本部長に就任するにあたり、岡野は「GEの世界戦略である『ヘルシーマジネーション』*1 のもと、世界に先駆けて進む日本の超高齢社会を見据え、国内に開発・製造を持つ強みを生かし、日本のお客様のニーズにお応えする製品のご提供、疾患ごとのアプローチ、そして、ヘルスケアを取り巻く多種多様な課題に総合的な解決策を提供する提案型のトータルソリューションプロバイダーとなることを目指します」と抱負を述べています。

岡野の後任として藤谷京子が執行役員サービス本部長に就任します。藤谷は、1996年にGEヘルスケア・ジャパン株式会社にソーシング本部バイヤーとして入社しました。その後CTマーケティング部 プロダクトマーケティングリーダー、OTR(Order To Remittance)部プロジェクトマネジメントグループ長などの多岐にわたる分野の経験を経て、2004年にOTR本部長に就任しました。2009年、アジアパシフィックOTR本部長として統括の範囲をアジアにも拡大、2013年8月からはアジアパシフィックビジネスオペレーション本部長も兼任し、活躍の幅を広げてきました(詳細は3ページの略歴をご参照ください)。そしてこの度、執行役員サービス本部長に就任いたします。

当社ビジネスの大きな柱として極めて重要な役割を担っているサービス本部を率いていくことについて藤谷は「日本のサービスの専門性、技術力、そしてお客様に提供するサービスの品質は、世界トップレベルとして国内外から常に注目されるまでに成長しました。この強力なサービスビジネスをなお一層強固なものにし、Service2.0の推進や営業・サプライチェーンとのコラボレーションを進め、さらなるビジネス成長を導きます」と述べています。

10月1日付のGEヘルスケア・ジャパン株式会社役員・執行役員は、以下のとおりとなります。
 

GEヘルスケア・ジャパン(株)役員一覧(2013年10月1日付予定)

代表取締役会長 熊谷 昭彦
代表取締役社長兼CEO 川上 潤
取締役 岡野 克也(ヘルスケア統括本部長)
取締役 山下 美砂(アジアパシフィック人事本部長)
取締役 渡邉 温子(アジアパシフィックライフサイエンス統括本部長)
監査役(常勤) 辻 敏文
監査役(非常勤) 田中 豊人

GEヘルスケア・ジャパン(株)執行役員一覧(2013年10月1日付予定)

執行役員 草谷満美(ファイナンス本部長)
執行役員 鶴見晃二(法務本部長)
執行役員 藤谷京子(サービス本部長)
執行役員 星野和哉(技術本部長)
執行役員 森本 淳(製造本部長)
執行役員 山田和男(ライフサイエンス統括本部長)
執行役員 吉住陽之(人事本部長)

 
*1 ヘルシーマジネーション(healthymagination)は、世界が直面する深刻な医療問題の真の解決を目指して、2009年5月にGEが策定したヘルスケアに関する戦略。イノベーションで環境課題の克服を図る「エコマジネーション」(2005年5月導入)に続く中核戦略で、2015年までに60億ドルを投じて、地域に適した技術開発、ヘルスケアITの加速、格差のない医療の提供、在宅医療の推進の4分野で、100種類のイノベーションを実施し、15%の医療コストの削減、15%の医療アクセスの拡大、ならびに15%の医療の質向上を実現することを目指しています。詳細は
www.healthymagination.com をご参照ください。

 
GEヘルスケア・ジャパンについて
GEヘルスケア・ジャパン株式会社は、世界が直面する困難な課題解決に取り組むGEヘルスケアの中核拠点の1つとして、1982年に設立されました。国内に開発、製造から販売、サービス部門までを持ち、日本のお客様のニーズにお応えする、先端的な医療技術ならびに医療・研究機関向けの各種サービスをお届けしています。CTやMRI、超音波診断装置などの医療用画像診断から、体内診断薬、細胞解析装置などのライフサイエンス(生命科学)まで幅広い分野にわたる専門性を駆使しながら、GEの世界戦略「ヘルシーマジネーション」で掲げる「医療コストの削減」「医療アクセスの拡大」「医療の質の向上」の実現を目指します。2013年4月1日現在の社員数は2,100名、国内の事業所数は55カ所。
ホームページアドレスは
www.gehealthcare.co.jp (ライフサイエンス統括本部: www.gelifesciences.co.jp

 

Tags