GEパワーコンバージョン事業、ギリシャ・マランガス社初の電気推進LNGタンカーにインダクションモータ式電気推進システムを納入

  • ギリシャ・マランガス より韓国・大宇造船海洋 (DSME)が受注したLNGタンカー7隻の第一号となるウッドサイド・ロジャース(Woodside Rogers)号が完成
  • 高い信頼性やコスト効率性に加え、環境面でも優れたGEのインダクションモータ(誘導モータ)式推進技術

 

*2013年7月1日、フランス・パリにて発表されたプレスリリースの全訳です。

【パリ - 2013年7月1日】 GEのパワーコンバージョン事業のインダクションモータ式電気推進技術を採用したギリシャ・マランガスの電気推進LNGタンカー第一号が、7月に商業航海を開始予定と発表しました。第一号となる「ウッドサイド・ロジャース(Woodside Rogers)号」は韓国の大手造船メーカーの1社である大宇造船海洋(DSME)が同社釜山近郊の造船所にて建造、4月下旬に試験航海に成功し、7月1日にマランガスに納入されました。同船はDSMEがマランガスより受注し、今後2015年中に完納するLNGタンカー7隻のうち最初に納入されるものであり、GEの電気推進技術を採用しています。

DSMEとGEはウッドサイド・ロジャース号を建造する以前から、既に6隻の船舶への電気推進システム導入で協力関係にあります。GEは過去18カ月間で31隻ものLNGタンカーにインダクションモータ式電気推進技術を提供する契約を獲得しており、ウッドサイド・ロジャース号はこの中で最初に商業航海を開始する船舶となります。GEのパワーコンバージョン事業では、10年以上にわたりLNGタンカー向けに電気推進システムを製造しています。

今回GEはウッドサイド・ロジャース号に対して、9.85MVA発電機4基、メインおよびカーゴ用配電盤、配電変圧器4基、推進コンバータ2基、13.26MW推進モータおよびリモートコントロール2台からなるシステム全体を供給しました。これに加え、GEでは、プロジェクトマネジメント、システムおよび設備に関するエンジニアリングや性能検証、海上およびガス試験についてのサポートも提供しました。

GEのインダクションモータ式電気推進技術は、航行システムにおいて最も信頼性とコスト効率性の高いソリューションの一つです。また他のソリューションよりも低いメンテナンスコスト、長い使用期間、より高い環境性能を特長としています。IEGT(注入促進型絶縁ゲートトランジスタ)を基にした高出力パルス幅変調(PWM)ドライブ技術と堅牢でシンプルな構造のインダクションモータ技術を組み合わせたGEの技術は、船舶オーナーに重要なメリットを提供すると共に、全体的な性能に優れることからLNGタンカーで広く採用されています。また同技術は、GEの高い技術専門性と性能検証能力に裏打ちされています。

GEパワーコンバージョン韓国のゼネラルマネージャーを務めるSB Ahnは、「最近発表されたGEの革新的な最新技術は、船舶産業に対して継続的に最新ソリューションを提供する当社の取り組みを示すものです。」と述べています。
ウッドサイド・ロジャース号の電気推進システムは、天然ガス、船舶用ディーゼルまたは重油という3種類の燃料で稼働するトリフューエル・エンジンを採用しています。航行に際しては各燃料の価格によって使用燃料モードの選択が可能なため、コスト効率に優れたシステムが実現できます。加えて、トリフューエル・エンジンによるシステムは、タンカーの安全性を向上し、非稼働状態を回避する高レベルの冗長性を提供します。また、さらなる低燃費化と低排ガス化を実現します。

GEパワーコンバージョン・マリンビジネスリーダーのポール・イングリッシュは、「本プロジェクトにより、当社はこれまでにない幅広い動力要件に対応できるドライブ、発電機、そしてモータからなる完全な標準製品群を開発、提供することができました。将来的にこれらの製品は、従来よりもさらに短い納期で納入可能となるでしょう。」と述べています。

DSMEでは、近年建造した数多くの船舶にGEの革新的な電力変換システムを採用しており、「当社とGEは、サプライヤーと顧客の関係を超えた緊密な協業により、すばらしい関係を築いています。当社はGEの先進技術と厳格な要望への対応を高く評価しています。」と述べています。

マランガス・テクニカルディレクターのアンドレアス・スペルトス氏は、「私たちは、当社の要望に対して造船メーカーの専門家が提案する最もコスト効率が高く持続可能なソリューションを期待しています。DSMEは、過去の多くの経験に基づいて、GEの技術をトリフューエル・エンジンと組み合わせる方式を提案しました。当社は、今回初めて、GEの電気推進システムを採用しましたが、彼らの高い技術専門性と電気推進システム導入に対する自信にとても感心しました。」としています。

GEのパワーコンバージョン事業について
GEのパワーコンバージョン事業は、パワーコンバージョンに関する技術とソリューションを駆使し、よりクリーンで、より高い生産性が求められる今日の産業プロセスの進化を促進する高機能モータやドライブおよび制御技術の設計・供給により世界のエネルギーインフラにおける電化をサポートしています。GEのパワーコンバージョン事業はエネルギー、海洋、石油・ガスなどの特殊分野でお客様とのパートナーシップにより最大限の効率性を可能にするカスタムソリューションと最新技術を提供しています。詳細は、
www.gepowerconversion.com をご参照ください。

GEについて
GEは、世界が直面している困難な課題に取り組む企業です。人材とテクノロジーを最大限活用して、インフラ構築、電力供給、運輸や医療、金融に関わるソリューションを提供しています。日本においてGEは、より安全でクリーンなエネルギーの供給や、急速に進む高齢化に対応する医療サービスなどに取り組んでいます。これらの課題を解決するために、技術革新を進め、ステークホルダーと協働して、日本の再生と持続的な成長を目指しています。エジソンを創始者とするGEは、イマジネーションを大事にするとともに、実行する会社でもあります。課題解決のために行動を起こす、それがGEです。日本におけるGEの活動については、
http://www.ge.com/jp/ をご覧下さい。


天然ガス、船舶用ディーゼルまたは重油で稼働するトリフューエル・エンジンを利用した、GEのインダクションモータ式電気推進システムを導入したウッドサイド・ロジャース号
(写真説明)
天然ガス、船舶用ディーゼルまたは重油で稼働するトリフューエル・エンジンを利用した、GEのインダクションモータ式電気推進システムを導入したウッドサイド・ロジャース号(写真提供:マランガス)

Tags