GE、住友商事と共同でシャルジャ首長国初の独立系コンバインドサイクル発電所の開発、建設、運営に向けてシャルジャ首長国電力水庁と合意

発電量は最大1.8ギガワット、世界最大かつ最高効率を誇る重構造型ガスタービンであるGEのHAガスタービンを3基導入

【アラブ首長国連邦・シャルジャ首長国 2019年1月29日】 GE(NYSE: GE)と住友商事株式会社(TSE: 8053)は、官民連携の一環としてアラブ首長国連邦シャルジャ首長国のシャルジャ首長国電力水庁(SEWA)との間で、同国ハムリヤに1.8ギガワット規模のコンバインドサイクル発電所を開発・建設・運営する25年間の売電契約(PPA)を締結したことを発表しました。世界最大最高効率を誇る重構造型ガスタービンを含むGEのHAテクノロジーを導入するこの旗艦プロジェクトは、完成時には中東の公共事業セクターで最高効率の発電所となる見込みであり、SEWAの全般的な発電効率が大幅に改善されます。プロジェクトは3つのコンバインドサイクルブロックで構成され、最初のブロックは2021年5月に稼働開始の予定です。

 

SEWAの会長であるラッシド・アリームは次のように述べています。「当庁では、シャルジャの電力インフラを強化し、低価格で安定した電力を供給するために尽力しています。計画されている発電所は当庁が重点的に官民連携を推進し、地域のエネルギー需要に合致した確かな発電管理計画と、天然資源の最適活用を促進していることを明確に示すものです」

 

プロジェクトの内容は以下のとおりです。

 

- GEキャピタルのエナジー・ファイナンシャル・サービスと住友商事は、四国電力とシャルジャ政府の運用部門であるシャルジャ・アセット・マネジメントと共同で、同プロジェクトのためのエクイティ・コンソーシアムを設立します。同コンソーシアムではシャルジャ初の独立系のコンバインドサイクル発電所を建設しますが、これはシャルジャが経済力が高く海外からの直接投資にとって魅力的であるとの証と言えます。SEWAはPPAに従い、25年間にわたって同コンソーシアムから電力を購入します。

 

- GEはこの発電所に、3基のHAクラスガスタービン、3基の蒸気タービン、6基の発電機、3基の排熱回収ボイラー、およびEPCサービスを提供します。

 

- GEはまた、25年間にわたって同施設の発電資産の部品・修繕・保守サービスを提供します。

 

GEガスパワーのプレジデント&CEOであるスコット・ストレイジックは次のように述べています。「SEWAはシャルジャの電力セクターに関して明確なビジョンを有しており、GEは住友商事とともにより効率的で信頼性の高い持続可能な電力をシャルジャの住民や産業に提供できることを光栄に思っています。このプロジェクトは、同クラスで最高のテクノロジー、地域でのプレゼンス、インフラと財務能力、および発電所の建設・運営・管理についての専門知識といったGEの複合的な強みの結集と言えるでしょう」

 

GEのHAテクノロジーはこれまで2つの世界記録の達成に貢献しています。1つは、中部電力の西名古屋発電所ブロック1が63.08%の発電効率を達成し、世界最高効率のコンバインドサイクル発電所となったことであり、もう1つはフランス電力(EDF)のブシャン発電所において、コンバインドサイクルで送電端効率62.22%を達成したことです。これによりHAテクノロジーは、60Hzと50Hzの両域において、世界最高効率であると認定されています。

 

SEWAは今回のプロジェクトにより、コンバインドサイクル発電に3基のGE 9HAユニットを使用することで、二酸化炭素排出量を現行レベルと比べて年間最大400万トン削減できるようになります。これは、アラブ首長国連邦の道路から100万台の自動車を減らすことに相当し、シャルジャ首長国における発電の環境影響を大幅に削減できます。

 

HAの稼働時間はこれまで242,000時間を超え、世界で最も急速に拡大し続けている重構造型ガスタービンフリートとなっており、世界16カ国の35社以上のお客様から80基を超える注文を受けています。またこのテクノロジーは、業界からも継続的に高い評価を受けています。HAが導入されたEDFの仏ブシャン発電所は、2017年にPOWER Magazineより「ガスプラント・オブ・ザ・イヤー」に選出され、米ExelonのWolf Hollow IIプロジェクトは、2017年にPower Engineeringの「最優秀ガス火力プロジェクト」に選ばれました。2018年には、GEのHAガスタービンが稼働している2つの発電所が、電力業界誌POWER Magazineより2018年の「最優秀ガス発電所プロジェクト」に選出されています

 

今回の契約は、GEと SEWAの長年にわたる強固な協力関係に基づくものです。GEは80年以上にわたって湾岸協力会議(GCC)の電力セクターの成長に貢献しており、GEが導入したテクノロジーは現在、シャルジャの電力の約60%を生産しています。GEは先頭に立って業界トップのソリューションを提供し、シャルジャ首長国や地域全体の電力セクターの発展を支援しています。

 

GE Hewarのブログ(http://middleeast.geblogs.com/)も併せてご覧ください。

 

GEについて

GEはエネルギー、医療及び輸送など、現代生活の基盤となる課題に挑戦することで世界の成長を促します。最高水準の工学技術をソフトウェアやアナリティクスと組み合わせることにより、GEは世界中の仕事の効率性、信頼性、そして安全性を支援しています。125年以上にわたり、製造の未来を築いてきたGEは、現在アディティブ製造、素材工学、そしてデータ分析の先端を担っています。GEの多様な社員はグローバルで献身的であり、誠実かつ情熱的に業務に取り組むことでGEの理念を実現し、お客様に成果をお届けします。詳しくは http://www.ge.com/jp/ をご覧下さい。

 

GEエナジー・フィナンシャル・サービスについてについて

GEキャピタルのエネルギー投資部門であるGEエナジー・フィナンシャル・サービスは、35年以上にわたり様々なエネルギー・サイクルを通して資産運用をおこなっており、エネルギー領域においてグローバルに投資をおこなっています。技術的なノウハウ、強固な財務力とリスク・マネジメント能力を活用し、GEエナジー・フィナンシャル・サービスは世界のエネルギー・ニーズを満たす長期にわたって資本集約的なプロジェクトや企業に投資及びキャピタルソリューションの提供を行っています。GEエナジー・フィナンシャル・サービスは米国コネチカット州に本社を置き、ロンドン、ヒューストン、ワシントンDC、香港そしてナイロビに地域拠点があります。詳しくはwww.geenergyfinancialservices.comまたはTwitterのアカウントをご覧ください。

 

GEパワーについて

GE パワーは、発電から利用まですべてのエネルギーバリューチェーンにおいて機器、ソリューション、サービスを提供するグローバル・リーディングカンパニーです。180以上の国に展開するGEパワーの技術は世界の発電量の1/3 を生み出し、機器は世界の送電事業主の9割以上に採用され、ソフトウェアは世界の電力の4割以上を管理しています。絶え間ない技術革新と顧客企業との継続的なパートナーシップを通して、未来のエネルギー技術を開発し、今日必要不可欠となっている電力網の改善に努めています。詳しくはwww.ge.com/power またはGE PowerのTwitterLinkedInのアカウントをご覧ください。

 

###

 

* GEの商標は1カ国もしくは複数の国で登録されている可能性があります。

 

本件に関するお問合せ先:

クレアブ株式会社 GEジャパン広報担当: 西川・惠木・渡辺

Email: GEJapan_PR@kreab.com

TEL: 03-5404-0640 FAX: 03-5404-7120

Tags